運輸安全マネジメントに関する取り組みについて

弊社は、輸送の安全を確保するために、以下のとおり全役職員が一丸となって運輸安全マネジメントに取り組んでまいります

1.安全の基本方針

  • 1)法令・規定を遵守し、安全最優先で職務を遂行します
  • 2)運輸安全マネジメントを継続して推進します
  • 3)輸送の安全に関する設備投資を実施します
  • 4)健康管理の取り組みを推進します

2.運輸安全マネジメント実施計画

平成29年度の具体的な取り組みについて

1)法令・規律を遵守し、安全最優先で職務を遂行します
[1]コンプライアンス意識の高揚

  1. 社長及び安全統括管理者による職場巡視
  2. 年末年始輸送等に関する総点検
  3. 運転士の運転記録証明書の取得

[2]安全知識向上を図る講習会への参加

  1. 飲酒運転防止養成講座の受講
  2. 営業所長、管理者の安全知識、指導方法について外部講習の受講
  3. 救急救命講習の受講

[3]乗務員手帳を活用し、安全意識を浸透

  1. 安全方針、運輸安全マネジメントの取り組み、営業所の目標について、別冊を配 布し全社員に理解させる

2)運輸安全マネジメントを継続して推進します
[1]PDCAサイクルの継続的な実施

  1. 全社安全会議(次年度計画の策定)
  2. 安全に関する各会議の開催
  3. 事故防止委員会による事故の原因の究明と対策

[2]計画的な乗務員研修会の開催

  1. 全乗務員を対象に安全運行研修を実施
  2. 事故惹起者に対し実技指導を実施
  3. 安全運転研修会への参加

[3]内部監査を活用したチェック体制の確立

  1. 総務部主体による運行部及び全営業所への内部監査の実施
  2. 代表取締役ならびに安全統括管理者への外部監査(第三者機関)
  3. 監査後のフォローアップによる改善状況の確認

3)健康管理の取り組みを推進します
[1]産業医・保健師による職場巡視及び個人面談
   営業所巡視、健康・メンタルヘルスに関する相談を実施
[2]睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策の推進
   簡易検査、確定(PSG)検査の実施及び治療
[3]高齢運転士への健康教室の開催
   60歳以上の運転士を対象に年齢に応じた運転、健康管理の意識を深める研修

3.平成29年度の目標

「事故・違反 ゼロ」

Ⅰ安全に対する取り組み
[1]輸送の安全確保が最も重要であるという意識の徹底

  1. 全営業所での内部監査の実施【全営業所】
  2. 乗務員手帳の内容の見直し及び乗務員手帳別冊の作成、配布【全乗務員に配布】
  3. 乗務員研修の開催【夏季、冬季】

[2]輸送の安全に関する情報の連絡体制の確立及び共有

  1. 運行会議の開催【月1回の実施】

[3]事故の削減

  1. ドラレコ画像情報の分析・集積と危険情報の共有【各営業所0の日に閲覧】
  2. 運行管理者・点呼管理者の指導
  3. 保険会社とのタイアップによる「事故削減」研修
  4. 新人運転士を対象にメンタルケアの実施

[4]運転実技の向上

  1. 冬山走行研修
    新人運転士を対象に、冬季に雪上研修を実施
  2. 高齢運転士の指導(危険予知トレーニング)
    60歳以上の運転士を対象とした安全研修の開催

[5]整備能力の向上・車両管理

  1. 整備管理者会議と定期的な連絡会議を開催
  2. 整備管理者前研修、整備補助者研修の実施

[6]アルコール関連

  1. アルコール検知器の定期点検【毎月反応確認を実施】
  2. アルコール検知器の更新
  3. 運転士貸与用簡易アルコール検知器使用状況調査の実施【随時実施】

[7]異常時への対応

  1. 救急救命講習の継続的な実施【3年に1回実施】
  2. 異常時実践訓練の実施【緊急停止訓練、発煙筒、消火器の実践訓練】

Ⅲ健康管理
[1]睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策の推進
簡易検査・確定(PSG)検査の実施及び治療
[2]産業医、保健師による面談の実施

  1. 健康相談、メンタルヘルスに関するアドバイス
  2. 産業医による職場巡視
  3. 産業医による講習会の開催